魔界OFF界 in 室内サバイバルゲーム

略して

魔界芸。


1年以上ぶり、記念すべき20回目!

ってなわけで今回は立体的な戦いが出来るインドアフィールド『taap』さんでの久々の魔界鯖芸。
記念すべき第20回目ですw
というわけでいい加減飽きられているであろう&相変わらずのコピペ冒(ry

去る2016年9月10日(土)に第20回魔界鯖芸。を開催いたしました。

と、いうわけで、毎度毎度のコピペ感覚の『魔界鯖芸。』レポです。

写真撮ってねぇw

ちなみに写真は撮り忘れたんで一枚もないぞ、っと(ぉ
何気に記念すべき第20回目だったりしますが、まぁいつもどおりまったりだらだら和気藹々と出来たかと。
とはいえ、最後の最後に接触事故で擦り傷とは言え、怪我人が出てしまったのは主催者としての注意喚起が
足りずに大変申し訳なかったです。
これに関しては次回以降の教訓として、より一層安全配慮に徹しようと思います。
参加者皆が最後まで楽しめるように。

と、真面目に書いたので、次々www

今回の参加者はおなじみのメンバー。風海さんに3MAさん、犬江さん、こうきさん、TSUMUJI弟。
それにアギラくんに谷ちゃんに、自分を含めての8名。
開催場所は埼玉は戸田の『taap』さん
なお、現在3周年記念ということですよ。おめでとうございます。

んで。

例によってハンドガン戦。
殲滅戦メインで、撃ったり撃たれたり。

『taap』さんはBGMを自由に鳴らせたり、ライトコンディションを弄れたり、2階部分もあり
立体的なバトルが出来るインドアフィールドなので、楽しみ方も色々。

ちなみに今回のBGMはガルパン。
うん、

ガルパンはいいぞ。

でも、3MAさんとのエキシビジョンマッチ?M4対決の時のBGMが、
ボコの歌なのはどーよw あとアンコウ踊りw

ほぼほぼ1日借り切ってですが、1日中鯖芸していたわけでなく、
半分くらいはタクトレ風の的撃ちタイムトライアルをやって過ごしてましたw

的は皆が飲み干したペットボトルや空き缶。これを上手く配置してタイムトライアル。

で、結果はこんな感じ。

  1回目 2回目  3回目   4回目 5回目  6回目 
風海さん  47秒 2分12秒 1分4秒(ナガモノ)  2分12秒 1分4秒(ナガモノ)   
3MAさん 33秒 1分4秒 51秒 53秒(ナガモノ)  45秒   
犬江さん 54秒 1分26秒(エアコキ)      
こうきさん 1分10秒 2分19秒 1分10秒 1分24秒  1分13秒(ナガモノ)  45秒 
TSUMUJI弟 1分39秒 1分13秒 1分15秒      
アギラくん  45秒 48秒(ナガモノ)  45秒  50秒  1分16秒   
谷ちゃん  56秒  1分51秒 54秒  1分15秒(ナガモノ)     
 撃墜王  49秒 38秒(ナガモノ)  45秒(拳銃&ナガモノ)  50秒  1分06秒(ナガモノ)   


最速は3MAさんの33秒。

ちなみにこのタイムトライアル。運の要素もだいぶ大きかったり。

途中2箇所の空き缶が当たってもなかなか倒れない(落ちない)や、ラストの「綾○」のペットボトルが、
これまた当たってもなかなか倒れないとか。

終盤検証したところ、芯の部分(中心線)に当たればスンナリ倒れるものの、
それ以外だと衝撃を吸収したり回転して威力を捌いたりするというw
「○鷹」恐るべしw

上記の罠?を上手く処理できるかで、だいぶタイムに影響が出ました。
あとは弾切れやガス切れ、トイガンの不調などで時間がかかってしまったり。

そんな中、3インチのコンパクトガンという不利なハンデでの参加だった、こうきさん。
何度もトライして、ついに1分の壁を切り、45秒をマーク。
子育てで腕力が鍛えられたせいで、フォームも以前より安定し、当日自分が持っていった
ナガモノのガスブローバックM4もそこそこ使いこなすようになっていたので、
これはもう次回以降は油断出来ないですよ。

んで。

時間がおしてきたので、いつもどおりの、リスポーンありのバトルロワイヤル戦。
通常と違い、このバトルロワイヤルでは最も多くヒットされた者が勝者で勇者な戦いです。
ぶっちゃけ撃って撃たれてストレス発散回w

  1回目 2回目 
風海さん 
3MAさん
犬江さん
こうきさん
TSUMUJI弟
アギラくん  3 4 
谷ちゃん  5 3 
 撃墜王   2 


そして、最もヒットされなかったモスチキン(最もチキン野郎)は2回とも自分と言うw

その名の通り、他の人を撃墜しまくってたんだよ!……たぶんw

で。

これを2度やって、『第20回魔界鯖芸。』は終了、と。
冒頭に記した接触事故は、この最後のバトルロワイヤル終盤で発生してしまいました。
それを含め、撤収準備もあって、ちょっとバタバタしつつも打ち上げ場所の赤羽に。

ちなみに、アギラくんは『taap』さんへも、赤羽へも、もちろんその後の帰宅も、なんですが、その、なんだ……

チャリで来た。

うん、なんだ。参加同年代で一番元気なんぢゃないかなw

TSUMUJI弟は都合により打ち上げには参加せずでしたが、ほぼ鯖芸に関係ないことで
(風海さんと3MAさんはGUN談義してたみたいですが)
もりあがったり、気がつけば自分の仕事関係の愚痴大会になってたり(ぉ
してましたが、まぁ例によって楽しい打ち上げでした。

てなわけで。

20回やろうが久々だろうが、いつもと変わらない魔界鯖芸。でした。

次回開催は不明ですが、タイムアタックなんかは貸し出しありで
スリーガンマッチ(ハンドガン、ライフル、ショットガン)形式というのも面白いかもなぁ……とか考えつつ
出来れば近いうちに開催出来ればなぁ、と。
更に言うならもちっと人数多くしたいなぁ、とw

もし、このレポで興味が沸いたのであれば、是非とも参加していただければと思います〜。

ではでは〜。




何はともあれ、魔界鯖芸。は今後も手軽に気楽に楽しめるサバゲ―を目指して開催しておりますので、
興味がありましたら、これまた気楽に参加して欲しいなぁ、とw


そんなわけで、相も変わらないgdgdなレポでしたw

それではでは。


魔界鯖芸の、明日はどっちだっ!?(笑)


おまけw

写真がないのもアレなのでw 当日使用したトイガンの紹介を。

●ハイキャパゴールドマッチ



グリップはステッピング加工を施し、ABS製のコンペンセイターを装着。更にトリガーを
ストレートリガーに換装してレースガン風にカスタム。ただし中身はドノーマル状態。
当日の前半に使用。
使い慣れたガバ系なので、特に問題もなく、ですかね。
中身はドノーマルですが、遠距離でも狙った所に素直に飛んでいくのは流石のマルイ製。

●M&P9



前後サイトをVタイプに換装。グリップに滑り止めのステッピング加工を施しただけのカスタム。
中身はやっぱり、箱出しのドノーマル状態。
軽量で思っているよりも小柄な4インチのマルイ製ハンドガン。
握りやすく、強いコイルも難なく捌けていい感じでした。唯一言えば独特のトリガーセフティの感触が
ぐにょるんでそこ気になりますかね。

●M4MWS



シューティングのみに使用のマルイM4MWSのタクティカルトレーナー風の軽量カスタム。
グリップとストック、レールハンドガードをノーマルから換装。小型のドットサイトにライトを装備。
当日は擬似的にフラッシュファイアを再現するデヴァイス「QOUGAR」を装備していました。
スリングはVIACと5.11の実物コラボモデル。
中身はリコイルバッファーを重量のあるものに変更しリコイル増大をさせてます。
フィールドがやや暗いので、QOUGARでBB弾が照らされて、ちょっとした曳航弾ぽくなってましたね。

基本タイムトライアルでしか使用していませんが、いやぁ、やっぱり良いですねーw
長らく待った東京マルイ製のナガモノのガスブローバックガン。触って良し、撃って良しで楽しいトイガンです。
貸し出しした谷ちゃんやこうきさんにも大変好評でした。流石に高額なのでおいそれとお勧めは出来ませんが、
ホント、撃って楽しいトイガンです。

さて、次ぎはどんなトイガンで鯖芸を楽しみますかねw